透析

透析にかかる費用には上限がある

人工透析は一週間に3回程度の頻度で行う必要があり、一か月に換算すると30万円から50万円という高額な費用がかかります。透析を一度開始すると途中で止めることは基本的には不可能ですから、こういった高額な医療費が毎月患者さんの負担になってしまうようでは、一般人が通常の生活を送り続けることは困難です。しかし透析を受ける患者さんは様々な制度によって金銭的な支援を受けることができるため、月々の医療費の負担を大幅に抑制することが可能となります。
代表的な制度としては、特定疾病による高額療養費制度の特例です。この制度を活用することによって、透析にかかる医療費の自己負担額は1万円が上限となります。所得の多い患者さんは自己負担額が上がりますが、それでも上限2万円で透析の治療を受け続けることができるのです。
ただし、透析治療を開始した場合でも、自動的に高額療養費制度の特例を受けられるようになるわけではありません。この制度を活用するためには、医師の署名と捺印が入った申請書を用意し、保険組合等の関係機関の窓口に提出して申請を行い、特定疾病療養受療証を発行してもらわなければなりません。病院の窓口でいきなり申請をしてもすぐに利用できる制度ではありませんから、注意しておきましょう。

Recent Posts

  • 欠かさず治療を受けることが大切な透析

    透析とは、腎機能が通常通りに働かなくなった方が、受ける治療の1つです。健康な人の腎臓は、血液中から、いらなくなった老廃物を取り出し、それを尿として体外へ排…

    Readmore

  • 透析にかかる費用には上限がある

    人工透析は一週間に3回程度の頻度で行う必要があり、一か月に換算すると30万円から50万円という高額な費用がかかります。透析を一度開始すると途中で止めること…

    Readmore

  • 年中無休の人工透析

    症状にもよりますが、人工透析を受けるようになると基本は週3回、透析の設備のある病院で受けることになります。週〇回というのは絶対的な条件になりますので、土曜…

    Readmore

  • 人工透析の一般的な流れ

    人工透析の治療は、一般的に次のような流れで行われます。まずは患者さんの体の状態や疾患の程度に適した透析条件を判断するために、医師や看護師による透析…

    Readmore

  • 欠かさず治療を受けることが大切な透析

    透析とは、腎機能が通常通りに働かなくなった方が、受ける治療の1つです。健康な人の腎臓は、血液中から、いらなくなった老廃物を取り出し、そ…

    Readmore

  • 透析にかかる費用には上限がある

    人工透析は一週間に3回程度の頻度で行う必要があり、一か月に換算すると30万円から50万円という高額な費用がかかります。透析を一度開始す…

    Readmore

Recent Information

  • 年中無休の人工透析

    症状にもよりますが、人工透析を受けるようになると基本は週3回、透析の設備のある病院で受けることになります。週〇回というのは絶対的な条件になりますので、土曜日はもちろん日・祝日であろうがお正月であろうが関係ありません。もちろん透析センターも年中無休です。1回の透析にかかる時間はこちらも症状にもよりますが3時間から4時間ほどです。透析をうけた直後は、腎臓の機能は戻りますが貧血などの症状が出てきて、体力も消耗されます。そんな中でも、人工透析を受けながらお仕事をされてい…

    » Readmore

  • 人工透析の一般的な流れ

    人工透析の治療は、一般的に次のような流れで行われます。まずは患者さんの体の状態や疾患の程度に適した透析条件を判断するために、医師や看護師による透析内容の確認が行われます。次に体重を測定します。通常、人工透析が始まると尿による水分の排出が出来なくなるので体重が増加してしまいます。そのため、血液のろ過を行うためにどれくれいの水分を除くのが適切かを確認する目的で、体重の測定を毎回行います。これらの事前準備の後、最も一般的な血液透析の場合は、点滴を打つ時と同じよ…

    » Readmore